So-net無料ブログ作成

アメリカ人の観客のマナーは最低に成り下がった

本来、サッカーのことしか書きませんが、、

さすがにカチンきたでー┃┃¨━(σ-`д・´)━ ╋┓

ニュースで見たぞーーー!アメリカ人ごるぁ!

テニス
大坂なおみが、全米オープン優勝。
決勝の相手は、セリーナ・ウイィアムズ。優勝数十回の、テニスの歴史の一部な人。
そして、大坂なおみの幼い頃からのアイドル。
ストレートで圧勝。

大阪選手は優勝した。

その試合の観客席。

圧倒的なブーイングの嵐が止まなかったそうな。。。。
そらまー自国の選手が負けたんだ。ある程度仕方が無い。
でもよーくかんがえろよ?アメリカ人。
おまいらの国のお姫様。
おまいらがブーイングするほどの最低の相手に負けたってことですよ?
m9(^Д^)ざまぁwwwwww
つまりブーイングってのは、時と場所をわきまえろって事だぞ。
もし、負けたセリーナを責めてのブーイングなら、、、、
なおさら。ごるぁ!だ。あきれて何も言えんな。o(*`ω´*)oプンスカ

アメリカを、スポーツ先進国のひとつと思っていた猫毬がアホだったな。。。
観客のマナーが中国や韓国人以下の毛等メ。。。
銃社会にまみれて即刻滅びればいい。

優勝会見の席で、大阪選手は終始泣いていたそうだ、、、

「みんな彼女(S・ウィリアムズ)を応援していたのを知っている。こんな終わり方ですみません。」

これが彼女のコメントだ。優勝者のコメントだ。。。

よくもウチのなおみちゃんを泣かせたな?>>>おぼえとけー?ゴルァ!

もうさ、4大オープンじゃなくていいや。
3大オープンで^^^@
テニスのグランドオープンにアメリカいらにゃい。
ああ、なんなら、
かわりにスペインとか東欧にしよう♪
それがいいなぁ♪

とはいえ、
猫毬が知る限りの女子プロテニスの歴史で、
マルチナ・ナブラチロワ、クリス・エバート・ロイドの2強時代。
グラフ、セレシュ、ダベンポートらの時代。
ナブラチロワに影響されて「マルチナ」と、名づけられた、
ヒンギスの出現。
シャラポワ、クライシュテルス、ウィリアムズ姉妹の出現。
現状の、世界ランキングが多国籍で形成される時代まで。

ほんとに素敵な歴史をありがとう♪

ちなみに、猫毬は90年代に活躍した、
マニュエラ・マレーバが好きでした♪
彼女は、テニス生涯で数回しかネットプレーをしたことの無いw
個性たっぷりのプレイヤーでした^^

これから、大坂なおみの時代がはじまるよー^^。

ほんとに。、、暗いニュースが溢れかえるこの国に、、、
希望の光よね♪

来年の全豪。マーガレットアリーナでの大阪選手のプレーを期待しております♪。



猫毬♪

※表ブログの先行掲載になります。
nice!(6)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。