So-net無料ブログ作成

猫毬手記、201811 [サッカー]

猫毬の手記、記録として残します。
乱字乱文になります。

とりま、本日キリンカップvsベネズエラ。

これについて深く考察してもいいんだけれど、
たいして意味のない試合。

けが人を出さずに、
負けさえしなければ、ある程度の練習ができるだろう。

メンバーも大して変化もない。

守備の動きを鍛えてもいいけれど、、
ベネズエラ相手に通用しても大して意味がない。

できれば、、やはり欧州組とやりたい。
が、、、
やはり、欧州には少し大きめの変化が起きそうだ。

おそらく2020東京あたりには、
大枠が決まる。
もし、UEFAとECAとの和解や緩和が成れば、
もう少し先、、つまり2022W杯あたりに、
変化が起きそうだ、、。

現状、それにともない、ビッグクラブや、
代理人、マネージメント会社が、忙しそうだ。

ある程度落ち着くまでは、
キリンカップの相手探しに苦労しそうだ。。。

クラブチームと日本代表が試合しても良いのだけどね。。
バイエルンとかねw

国際マッチに認められないので、、、
相手クラブも嫌がる。

猫毬の大胆予想。
このままいけば遅かれ早かれ、
FIFAの空洞化は避けられない。
空洞化とは、主要強国の不参加だ。

理由は欧州の国とクラブの試合数の圧迫だ。
W杯、ヨーロッパ選手権、ネーションズリーグ
チャンピオンズリーグ、ヨーロッパカップ、
クラブワールドカップ、インターコンチネンタルカップ、
国内リーグに国内カップ、国内オープンカップ。
、、、

欧州のクラブチームの上位陣(一部中堅クラブ)は、
現状でこれだけの大会に参加している。
、、、むりあるだろw

おそらく、どこかで統合や、分離が始まる。
そしてその時、南米はともかく、

アジアやアフリカを相手にしている余裕はないだろう。

日本はその時、選択を迫られる。
南米や北中米、オセアニア地区、アフリカを巻き込んで、
新しい世界大会の枠組みに参加するか、
その時にまだ生き残っていたら、
空洞化したW杯に参加するか、

大金を払って、欧州の枠組みにゲスト枠で出場するか、、

そして、この、枠組みの分離と統合
の歴史は繰り返しそうだ、、、

放映権で変化するからだ。

結局のところ、スポーツも経済に依存するのか。。。

かなしいのぅ。。

201811猫毬妄想手記。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 2

zombiekong

欧州のクラブチームはそんなにたくさん試合してるんですかぁ。そこまでとは知らなかった。どーりで主力選手を出さない試合が多いわけだー。
by zombiekong (2018-11-16 16:48) 

猫毬

うみゅうー><
主力を出したくても出せなかったり居なかったり^^;
代表戦も含めてですけどねー^^

by 猫毬 (2018-11-16 19:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。