So-net無料ブログ作成

文武両道 [サッカー]

表のブログで監督問題やっちゃったからね^^

裏でも、もう少し辛辣に少しだけ♪ね♪

最近の監督のトレンドは。

選手時代がほぼ無い。代表歴はあったりするけど、何かしらの理由で極めて短い。
その後若くして引退し、、指導側へ…。
って人たちが、監督として活躍しているケースが多い。
ごくまれに、ジュジェッペ・グアルディオーラや、ディディエ・デシャンのように、
輝かしい選手時代を過ごした選手もいるが、
共通して言えるのは、選手時代から頭脳派だったことだ。

そういう意味では、ガンバ大阪に新就任した宮本監督は、
すぐ!ではなくとも(つまり降格するかもだけれど…www)
そこそこの実績を現す事は、容易に想像できます。

過去がどうあれ、頭の悪い人間にサッカー監督は務まらない。
これは、現代サッカーにおいてはすでに確定している事です。
ちなみに頭が悪くても、選手としては通用するケースはあります。

さて、それでは、最も人体が成長する過程で、
プロサッカー選手として過ごしてきた人達は、いつ頭がよくなるのかw
(語弊があったらごめんですwいつ勉強するの?って意味です)
うん、だいぶ古いけれども。。

いまでしょ!

ドイツなんかでは、現役選手の過半数が、選手をしながら勉強をして、、
大学入学資格(アビトゥーア)を、取得しています。
これにはカラクリがあって、
国と協会が、バックアップしているのです。
ドイツのスポーツ選手に対する入学資格取得に対して、
ソレ専用の制度を導入している大学を、
国の教育機関の管理管轄と、サッカー協会が協力して、数十か所設けています。
その大学への入学資格を選手は現役中に取得するのです。
入学資格はアビトゥーア、あと、なんか別の資格制度もあった気が…
ファッハアビトゥーアかな。。とにかく。。
仮に若くして引退しても、彼らはその後大学に行き、スポーツ生理学や審判、指導者
への道を本格的に学べます。ちなみに、ある程度年齢が高くても学べます。
なかには、マッサージ師になるとか、フィジカルトレーナーになるとか、
ほんとうに裾野が広いのです。
そして、彼らにとっては、選手しながら勉強もするなんてのは、当然の事なのです。
文武両道とはまさにこのことです。
日本では、これが地域レベルで、しかも高等学校レベルまでしか用意されてい無いうえに、
利用する人が少ないです。
大学の制度の違いもあるかもしれません。海外では入学は簡単ですから^^
卒業が難しい^^ww

日本で、そのパティーンで有名なのは、現代表の原口元気選手ですね♪
彼はねっからの浦和印♪
猫毬も彼が小学生の頃からの追っかけですwww
最初からプロ志向が強かった彼は、
浦和レッズグループの息がかかった通信制学校へ通いながら、
レッズの選手としてプレーしていました♪
そのせいもあるのか、ドイツでのプレーに抵抗もないし、困難な状況に強い上に、
何かを同時にこなすことに抵抗がありません。
まだW杯の録画が残っているなら、見直してみると良いです♪
誰かがシュートしたボールに、更に押し込もうと走りこんでいたのは、いつも…
原口でした…。。。すげーな、、こいつさっきサイドバックの場所でディフェンスしてたじゃん(笑)
て、感心してました。幼かった彼が「日本の肺」になるとは予想してなかったので…
感無量ですわ;;(親心ヒトシオ;;)

あ、つい原口好きがでてしまったw
ここの読者のひとりに、青いチーム贔屓の人がいるのにww失礼^^

つまりは、監督育成ってのは、選手時代からしちゃった方が良いって事です。
これなら、仮に思わぬ怪我で引退しても、うだつが上がらずに引退しても、、、。
今問題になっている、アスリートの引退後の問題にも対応できる。
その上、国の代表や、
当該スポーツにとって管理側の人間の育成面でも大いに合理的だ。
良い事尽くし♪

猫毬はね。。日本人がサルマネが得意だって言われることに、
抵抗が無いです。
良い部分はマネしちゃお♪それでいい♪

アビトゥーア♪導入しないかなぁ^-^

そしたら、、パペット君みたいの出てこないと思うのよね^^@

ちなみにね。。ロシアワールドカップの日本代表のメインメンバーの中で、
大迫ブレーメン、香川ドルトムント、乾ベティス、原口ハノーファー、
柴崎ヘタフェ、長谷部フランクフルト、長友ガラタサライ、酒井マルセイユ、吉田サウサンプトン、
昌子鹿島アントラーズ、川島無所属(7か国語会話可能)。

スペイン組は微妙かもだけど、、
英語できないの、昌子だけです。(笑)
きっと、代表がロシア入りしてから、西野監督も含めて、英語話せる人間の方が多かった。

これは裏でだけ話す憶測ですが、、、。
ハリルホジッチ監督の解任理由は英語力だと思う。
彼は母国言語(複雑なので割愛ww)以外は、育ったフランス語で話します。
代表でフランス語が分かるのは、酒井宏樹と川島だけです。
サイドバック選考に酒井高徳ではなく、酒井宏樹を多用したのには、
その面もあるでしょう。(酒井宏樹はマルセイユ(フランスリーグ))
きっと、こうだろう。(妄想ですよ?w)
本大会前の試合で内容の伴わなかったゲームに関して、
まじめな長谷部は監督に直談判したと思うのです。
内容はそうさね・・「今後のプランは?」
「みんな不安がってる、せめて修正案だけでも話してくれ」
と、おそらく、英語で…。。もしくは通訳を介した状態で。
そこでハリルホジッチは、まともに相手にしなかったのだろう。。。
海外監督ってのは、オフの時間は契約外だと思ってますからね。
んで、長谷部はついにコーチ陣に訴えたわけです。
「監督に、ちゃんと選手側とコミュニケーションとるように言って頂けませんか?」。って
もしかしたら、当時コーチ陣として同行していた西野あたりに頼んだのかもしれない。
そこで、はじめて発覚。
え”そんなにコミュとれてないの?ってか指示ももらってないのか…。
緊急事態と見た西野は、即座に協会に報告。
会長の田嶋は、当初からハリルホジッチとはうまくいっていなかったので、、
「西野、、お前そこで指揮とれ」って事になったのではないかと…。。。

妄想ですよーーーwwww

本題はちゃいますよーw

勉強しながらプロ選手する。こんなん今時あたりまえなんだよー^^です。

オリンピック選手のほぼ全員がそうなんだよーw

2年後にこの国はオリンピックするんだよーw

国の代表選手が、、英語できません。。。では済まないよー^^w


ですw




毬毬♪♪




nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 2

すーさん

ムゥ、確かにいつ学ぶ時間があるのかと考えると
オフシーズンだけじゃ足りないし、今しかないですよねー。
文武両道、N産のメカニックたちの疲労困憊で帰宅しても
難しい勉強してるのと同じようなイメージ?…
(※会社から次々資格取得&更新を求められるので)。。
大変だけど身になってる人もいることを考えると
数年先に違いを出すには毎日の5分の勉強でも
やった方が良さそうですね^^!。
by すーさん (2018-07-30 07:56) 

猫毬

あ、そゆーイメージじゃないですww
そもそも海外のサッカーは練習時間がとても短いのです。
なので時間はたっぷり♪あるんですよ^^
移動時間も長いしね♪
なのでふつーに勉強していれば、、
川島選手とまではいかなくとも、
3か国語くらいふつーにできるようになります。
指導者は、若いうちから♪です♪tってか、人生の選択肢が、
サッカーの選手生命だけ…ってのは厳しすぎますよぅー><
指導者ではなくても、スポーツ科学の研究者とか、
スパイクのメーカーへ就職とか、
色々あって良いと思うのです^^
できれば、若い指導者はほしいけどね♪

そして、そうやって若い指導者が生まれれば、、、
若い感性をスポーツ界に維持できるんですねー。
結果的に利権が少ない、健全な運営団体が生まれて、
現状の日本スポーツ界の、、
残念な事に;;、とっても腐ってしまった、、
アメフトの団体や、相撲の団体や、レスリングの団体や、
ボクシングの団体、、みたいに、ならずに済むのです^^・。

JFAもそのうち晒されそうでこわいよぅw

by 猫毬 (2018-07-30 18:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。