So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

FIFA女子ワールドカップフランス2019 代表メンバー [サッカー]

FIFA女子ワールドカップフランス2019

なでしこジャパン 代表メンバー発表。

うーむ…w

高倉くん。。。^^;

少しばかり中途半端な召集だった気がするですねぇ。。

田中美南を外して、阪口かぁ…。。確かに、
なでしこの田中はいまいちねぇ。。

若手も呼んだみたいだけど、、出す気は無さげ、、

猶本も田中も仲田もダメだったかぁ、
いわゆる、ちやほやされた世代(ヤングなでしこの先駆け世代)は
パッタリとダメねぇw
差別ではないけれど、
女子は若い頃に<持て囃しちゃう>となぁ…^^;
んまぁ、ソレで調子にのらないやつこそ、、ホンモノですが…w

長野風花は、ここまで間に合わなかったか、まだ20歳かぁw
グレちゃう(女子は多い…)かなぁ…これからかなぁ…。
韓国行ったあたりからおかしいなぁw

んま、ふぁいおーだ^^@

きっと ハセと籾と横が、、 ある程度、やるだろうw
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

レスターシティ 岡崎慎司選手 乙デス!∑d(゚д゚*) [サッカー]

岡ちゃん。。レスたーお疲れさまぁー!(。・д・。)ノシ

レスターシティ。。良い契約だったです。
バーディとかいる中で、よく凌ぎを削れたと思いました。

君は、よく。。がんばった!自信持って良いです♪

プレミアのクラブに在籍し続ける。それだけでも相当しんどい。
ほんと、よく頑張ったと思うですよー^^

次は決まってないだろうけれど、。
Jに戻るなら清水なんだろうから、、
、、ん。清水、今たしか、苦戦中だなw
序盤戦で6敗で、どっぷり降格圏か^^;

一度、戻ってきて清水を助けるのも良し。
代表目指して頑張るも良し。

ちなみに、、彼はまだ代表で出来ることがありそうだ。

年齢?
いあいあw
そもそも彼のプレーには年齢が関係ない。

見た事のある人は絶対に分かるはず。。

彼がゴール前に侵入するときには、ドキドキドキ((*゚д゚*))ドキドキドキします。

色んな意味でwww

つまり、相手に「なんかヤダ」と思わせるプレイヤーなんですな。。

現代表のゴール前での決定率の低さの要因のひとつに、
「相手に危機感を抱かす事が出来ていない」てのがあります。
※すぐシュート撃つからねw少し焦らした方が良いのにw

岡ちゃんは。ソレを素で行う選手。
実行可能かは、さておき。
若い者にソレを見せる事は出来ようねぇ。。

んま、森保が呼ぶとも思えないがwww
どうせ勉強目的の南米選手権なんか、岡崎招集で良いと思うけれどなぁ。

とりま、改めて、おつかれ♬おかちゃん♬



レッズもスパーズも逆転でCL決勝かぁw凄い事が起きているなぁ(笑)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

w久保建英w南米選手権招集へ… [サッカー]

久保建英を南米選手権に召集。JFA発。

これは触れなくていいなぁw
サッカーの戦術や戦略的には意味は無い。
日本代表の強化にもなってはいない。
久保個人のスキルアップになるかもしれんけど、、
代表のコアメンバーと戦えない以上、あまり意味はない。

きっと ↑ 同じような事、いっぱい報道されるなぁ…^^;

本人はキャップ数増えるし、
やれる事を、やるしかないだろうけど。。。

協会は少しダメですねぇ><
招集が上手くいかない。
ソレを隠し、話題性を持たせてスポンサーを満足させる。

そのための久保招集

コレ系やりはじめると、キリがないのですわぁ><

ぬーん、まず会長が辞めないとダメかもなぁ…

不正とか出てくる前に何とかしてくれなー…シランケド…

森保、、協会の推薦枠の監督なので、
クビにはならないかもですが、、
(ハリルホジッチで金も使ってますからね^^;
※監督さんへ払う契約金は途中解雇でも全額払うのが基本です^^)

本来協会側の不手際。
それを監督の責任みたいに報道させるのもなぁ…

なんだかなぁ(´・_・`)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

雑記サッカーCLメッシ久保建英Jリーグ [サッカー]

CL4強が決定。。。
スパーズ、アヤックス、
バルサ、レッズ。
アヤックスは少し驚き。

あとはー、。、

久保建英の移籍が話題になっていますが、
この時期のメルカート予備情報は、
代理人が意図的に流している情報の可能性が高いです。。
選手の価値が上がるでなw

んでも移籍はあるかもです。バルサに行ってもセグンダっぽいけれどねw
んがんがしかし^^
猫毬は反対かなぁ。。。
バルサ以外なら賛成ですが^^;

久保はまだA代表ってか、多様なスタイルのサッカーに適応できるほど成熟していない。
タイプ的には「久保建英が中心のチーム」にするか、
普通のグッドプレーヤーに成り下がるか。です。

今の代表の中島南野堂安などの攻め駒を殺してしまいそうってのも怖いです。。

久保建英は、、
守備を積極的に行わず、トラッキングデータが低い。
その割には、スプリント回数は多く、決定機に絡みやすい選手、、、
ま、つまりメッシです。

メッシには、メッシだからこそ許されるプレーがありますw

メッシのトラッキングデータはひと試合9キロ程度。
日本の高校生より少し下ってところです(笑)(笑)(笑)

でも古臭い言葉を使うなら、
彼は、現代サッカーでは希少種の

「ファンタジスタ」です。(少し癖が強いけどね^^

希少種ってか、現存する唯一の…でしょう。。。

特徴は、、彼は、
注目されればされる程、プレーが脅威になります。

逆に特別なマークを付けず、
二人以上のプレッシングをしているだけで、
本来の力の7~8割を削れる選手。
スタミナもスピードも特別に早くないからね^^;ww

無理にマークすると逆に利用されます。。。

さて、
メッシ論を展開しましたが、本題は久保建英君です。

久保がメッシ並みなら、まぁ異論はないです。。。
しかし、メッシ程の実力があってもアルゼンチン代表は、
世界の4強にさえ入れないのです。

単騎依存はチームの弱体を招くって事は、ここ数年で証明されています。

久保建英に依存するチーム作りはできない。

森保の腕の見せ所かもなぁ、、、

今の戦術オプションの中に、
南野を使用しないって選択肢が無い。のが痛い。

南野はワントップのポストプレーやフリーランニングを
助ける役目も引き受けている。ので、今のシステムでは欠かせないのです。

中島や堂安や、ましてや香川や久保建英は、
南野の仕事の代わりが、到底できないです。

つまりはホントに替えがきかないのは大迫と南野。そゆことです。

これが解決しない限り、香川の代表復帰も遠いし、久保建英の使い道も少ない。
(南野のワントップって手はありますがw)

もしくは、、、、久保建英が成長するか、、、。

彼が成長して、南野のような仕事も熟せるなら、
日本代表は、かなり強化されます。

バルサに行ったら、、、彼は泥臭い仕事からは離れるだろうなぁ……。
結果的に中島か堂安のポジションにしか入れない選手か、
南野の代わりにISH入って、今よりさらにポゼッションが落ちるか、
どちらかだろう。。。

いずれにしても、今の彼のままでは代表に合流しても「お荷物」でしょう。
クラブでは結果は出るでしょうけどね。。

ああ、そうそう、いってみれば、若い香川wwwですなぁ。
若い頃の香川も今の香川も、
やはり代表では、あんまり輝けない。。。

久保はそれの2世って言えるかもです。。。。
久保建英に関しては以上


コンサドーレ札幌がSTVVと提携しました。
これって、札幌側にはメリットがあるけれど、
STVV側は、、、わざわざJリーグに来る
ベルギー選手なんぞいなさそうですが…w

それとも、DMMとの提携ってところがでかいのかな?
DMMのCMに鈴木武蔵とかw      あ



!!!鈴木武蔵がベルギー行きって可能性もあるのか……
なるほどぉ。。。。

鎌田はそもそもレンタルだしなぁ…鎌田を返却して、武蔵をベルギーに、、
なるほどなぁ、、、あるかも( ゚∀゚; )

財政がきつい札幌は助かるしなぁ…。。

んまぁそんくらい、、、

Jリーグは大分が、頑張ってる。
広島、FC東京がぶっちぎり、そらーそうだ、無敗ですもの。。。
結局、負け数が増えるとシーズン後半に響く。
現在、1敗で踏ん張っている、横浜FM、川崎は、今後伸びてきそう。
札幌、大阪の2チームなど、負け数が多く、引き分けに持ち込めないチームは、
厳しいリーグになるでしょう。

もしかしたら、湘南、神戸辺りも、順位を落としそう。
あ、でも神戸にはアレがいるのかw

名古屋もそろそろ息切れかもなぁ、、

浦和も息が切れそうだが、、
リアクションサッカーの浦和は、夏場に強い。
きっと今回のリーグもウダツの上がらない成績で終えるでしょうw

欧州リーグはいつも通りのメンツが上の方だなぁ。。。
んま、リバプール、ドルトムントあたりが頑張ってます。

あとマンUは、、、あかんな( ゚∀゚; ( ゚∀゚; ( ゚∀゚; ( ゚∀゚;

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

森保が困っている。んが森保の責任は薄いよ?w [サッカー]

6月の招集が難航している森保監督。って記事が出てたりしますがw

代表招集と、クラブ側との折衝は、基本「協会」のお仕事^^

森保は、チーム戦術的に、希望する選手を提出しているわけです。
ただし、叶わなかった場合に何とかするのも、大事なお仕事^^

協会側の外交能力が低いと、悩ましいですなぁ( ・´_・`)

5/23~はU-20ワールドカップもあるので、
思い切ってユースでコパアメリカを……って事さえ不可能だ。

U-23は豊作で、すでにチームの主力級が多い。
今回はJリーグからの招集が各クラブ1名までって制限付きw
十数人しか集まらないわけです、。その上、欧州組には現状で「総スカン」。

んで頼ったのがインカレ、、つまり大学生選手なのかwww.

大変だなあw





なでしこジャパンは、親善試合でフランスに負けてニュースになってた。。。
ぬーん…wwもし勝っていたら
特大ニュースって事は理解されているんだろうか?w

負けて当然とは言わないが、あの監督の事だ、、、
何かしら考えがあって試合している。

課題はクリアできたのだろうか。。出来ていたなら、、、
調整試合なんだし、、、
フランス、ドイツ、イングランド、アメリカ。
には勝ち負けに拘らない方が良いですねぇ…

ドイツとも調整するみたいね^^。

本番で奇襲をかけたい思いもあるかもしれない。。
すぐに本番ですので、手の内見せないのもだいじよ?^^;

^^毬、、
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

サッカー覚書、、20190329 ボリビア戦後、考察。 [サッカー]

森保ジャパン。

考えてみれば、201903キリンカップは、
アジア大会と大きく違う部分が見られた、、

アジア大会、、、大迫不在時、、苦戦。(中島はいない)
          時には大迫がいても苦戦。

キリンカップ、、大迫不在、でもNMDが揃うとそれなりに爆発かと思いきや、
          コロンビア戦には負けている。

つまり、、トータルすると、、厳密には、

大迫+NMD(ONMD)オンムド・カルテット(笑

これが揃わないと攻撃が完成しないって事か、、

対策が明確になったな、、逆に言えば4人そろえば
世界のトップクラスにも完勝といかなくても、てこづらせは出来そうだ。
ならば、考察は簡単。

1、このメンバーの誰かが欠けたときのターンオーバーが各一人。を見つける。
  大迫のサブは鈴木武蔵、武藤と鎌田をもう一回。U23から数人試す(前田、小川等)
2、堂安のサブは伊藤達哉か乾か原口か、、
3、中島のサブは難しい。遠藤啓太が成長するか、久保建英だ成長するか。。。
4、南野のサブは、今のところ香川とか言われているが、 
  ボリビアを強引に切り裂けなかった事は評価を下げた、
  無論ドン引きされてた不利はあってもだ。
  と、なると、このポジションも激戦だ、何せ大迫が不調時には
  フォローとしてポスト役も引き受ける、。三好?久保建英?遠藤渓太?

ターンオーバーを引いた場合の「融合」はだいじ。森保はコレ下手なので、
なんとかしたいところ。西野が手伝ってくれないかなぁ^^;w


後ろの1枚は贔屓目かもしれないが柴崎岳が確定だ。

試合勘が無い。確かにそうだ。。んがしかし、
試合勘が無い選手があの動き。。。尋常じゃないなwww
もし試合勘があったら、と考えたときに、やはり少し目線が広い。
実力的には脂がのっている。3年半後にも、まだ走力はありそうだ。
オランダやベルギーリーグで良いので、とっとと移籍してほしいw

もう1枚は遠藤航がファーストチョイスだ、、、ただ、、、

中盤の底が 柴崎と遠藤航。。。相性が悪い気がする。
むしろ、この二人はメインとサブの関係で、

それとは別に、ディフェンシブな中盤の底がやはり必要。

怪我がちの守田、呼ばれない大島僚太、、、
はてさてこの問題は時間がかかりそうだ、、

猫毬的には富安をひとつ前に上げるか、U-23から中山雄太を引き上げるか。
板倉がCB争いに加わるか、、、じつは多少、時間はかかるが心配はしていない。

CB問題は森保の潔さが試される。
富安昌子は、今後の鉄板。そう決断できるかどうかの潔さだ。

吉田槙野の時代は終わった。と認識できるかどうかだ。
思うに槙野はいつでも呼べる、、なので呼ばなくても良い。
彼はメンタリティが強い。呼ばなくても腐らないだろう。
吉田は、、じつは相当メンタルやられているだろう。
思うに、、、誰かが代表引退をすすめるべきかと思う。。。
このタイミングで、自分からキャプテンと代表から身を引くのは、、
無理だろうなぁ、、。プライド高そうだし、、。
でも、CBの控えにさえ、居れるのはどうかと思う出来栄え。
残念だが猫毬評価は変わらない。

吉田槙野は、DFHに使われて何ぼのCB。
長谷部不在の今は、ただの暴走CBだと思う。。。
中山雄太が台頭、成長して、CBに的確な指示が出せるようになるとする。
(長谷部の替わり)
んでもそうすると、、
まずキャプテンが吉田である必要がなくなる。
中山が優秀に育てば育つほど、、、CBは三浦ゲンタとかで良いって事になる。
(槙野はそもそも実力は論外wでもムードメーカーだ)

またセンターバック争いに板倉が名乗り出れば、状況は一変する。

格下相手が多いとはいえ、現状のU-22は極めて失点が少ないチーム。
ガチ本気の韓国代表に1点差のゲームをするユースだ。。。
(アジア大会時の韓国戦でソンフンミンの1失点のみ)
中山、板倉のコンビは相当に期待値が高い。中山雄太がオランダ移籍をすれば、
自ずとメディアも含め、吉田の去就にいっきに目を向けるだろう。

とにもかくにも、ディフェンダー争いは、DFHの争いも含めて嬉しい頭痛がする。

さてGKだ。。。

僅かではあったが、先日のボリビア戦で。
シュミットダニエルを注目してみていた。

ダメな点。
ボールを拾うときになめている。
勝っている段階なら、何気ないボールも自慢に這いつくばってキャッチしてほしい。
1秒でも多く時間を使う。コレだいじ。味方のスタミナ回復の時間でもある。
飛び出しが遅い。
高身長に甘えたプレーが多い。ちゃんと飛び出してジャンプだ。
高身長の選手がソレをする事で、、
世界に通用するキーパーになれることを意識してほしい。
ロアッソや仙台や川崎でプレーしている場合ではない。
アメリカミックスってことなら、生かしてMLBに移籍でもいいかもしれない。
大味なGKとして育ってほしい。

東口は、、、正直不安。、。

さぁて難関のポジション。。サイドバック。
現状、攻撃陣は前の4人でコンプリート出来る状態。

つまり、サイドバックはあまり攻撃まで加わらず、
中盤を構成する1員の役割が重要だ。
ちなみにキャリアなのか、、左の佐々木は自分の役割をよーーく解っている。
彼が30歳越しても動けるなら、ファーストチョイスは彼で良い気もする。
たまに手を抜く癖が治れば、問題ない。
変な下心も出さない。良き。。だ。
しかし左SBは控えがいない、。ソレ以前に長友をまだ呼ぶのかって問題もある。
長友は攻めゴマとしては優秀だが、守りは普通のSB。

左のウィングのレギュラーが中島である以上、中島の裏のスペースは弱点だ。
左SBはあんまり上がれない。
、、となると、中盤の制圧に協力しプレス力のある左SBが必要だ。。
ぬーん。。ぬーん。。
先日の安西は元気だったが、、、なんだ、、
あまり、効果的な動きではなかったなぁ(笑)
U23杉岡?いやー彼は攻めゴマだなぁ。
守備が得意には見えない。
やはりここは悩みどころ、ってか時間かかるですね・。。
若い左サイドバックで、3バック用、または攻撃用はU23杉岡で良いとして。
守備用の左サイドバックが欲しい。

右は酒井と室屋で埋められる。
んがやはり右も、守備要員が欲しい。
右サイドバックでディフェンスに特化できるタイプ。現状いない。。。

基幹戦術として、、日本代表の前線のアタックはある程度高速だ、
アタックがカウンターになった場合もまた、倍加して高速だww

攻撃が前の4枚で高速でフィニッシュできるなら、
サイドも含めてディフェンスの準備はダイジ。

なのでサイドバックにもディフェンス力が求められる。
発掘発掘♬

いじょう覚書。

@120毬
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

猫毬手記:201903、考察。 [サッカー]

現状のbetterはなんだろう。。。

まず、招集するメンバーではなく、

システムと運用に問題がある事は明白だ。

しかし、代案がないのに騒ぎ立てるのは無責任だと思う。

なので考察。

まずシステム。

ボール奪取を、いわゆるガチャガチャして奪うなら、
フォーメーションに固執する必要はない。

しかし、現状の森保Jには、ボールの奪い方に法則はなさそうだ。

なんとなく選手任せ、に見える。

なるほど、気分で変わるから修正点が見えにくいのか、、、あかんなぁ。


んがしかし、攻撃と守備の肝の部分は、システム、フォーメーション、運用方法
に限らず、現状の戦力で考察可能だ。。

1、攻撃
変則ワントップの下にインサイドハーフ2枚で順三角形を形成する。
※大迫の場合と武蔵、鎌田の場合で変わってくる。

大迫はポストからのオプションで問題ない。

武蔵はポストの起点になってからサイドに流れる癖がある。
また、それが自分の長所と思っているように見えた。

んが、森保は注意したそうだ(笑)あほやなぁ
武蔵にとっても代表にとっても
彼に大迫のモノマネをさせるより、個性を伸ばした方が合理的だろうに、、。

鎌田は見てみないとわからない。現状不明。

ただし、ポストで起点になる点は同じな気はする。

と、いうことは、FW1枚は不変。起点も不変なら、
ワントップの下に2枚のインサイドハーフで楔を受ける選手を2枚にした方が、
相手のディフェンスを散らせることが出来る。

      大迫

    中島  南野

この形、、これが最も得点できそうだ、。
武蔵の場合、

      武蔵

    香川  南野

でもいい、ポストの後、武蔵は左右のワイドに向かい、
香川、南野の突っ込むスペースを空ける。

    ← 武蔵           香川  南野
      ↑   ↑   ⇒ 武蔵
    香川  南野

武蔵が斜め後方から再度突入できれば波状攻撃が可能だ。

ふむ、、、

んじゃ次、ディフェンスだ。

現状、安定のCBは二人。昌子、富安だ。
二人とも3バックもプレーできる器用なタイプ。
と、なると、、3人目の安定CBが見つかれば3バックも可能なのか、。、。

U-23から板倉、中山あたりが伸びれば、、あるいわ、、だなぁ。
もしくは三浦ゲンタが開眼するか、、か、、
植田はだめなんかな。。んま、いづれにせよ、現状は安定CB2枚だ。
と、いう事は、3バック運用はできない。

注:基礎知識1.一般的にサッカーの常識、
3バックの方が守備に人数をかけなくてその分攻撃的にできそうだが、、大間違い。
普通の3バックはデイlフェンダーは攻め上がらない。
それに対し、
4バックは両サイドのSBは、片方、もしくは両方、攻め上がっている事が多いので、
実際は2枚のCB+DFHか2枚のCB+残った方のSBで守備を行う。
つまり、4バックの方が攻撃的なのです。

今の日本代表は、中盤がぬるい。故にボールサイドや、
相手選手にプレッシャーがかからない。

3バックが可能なら、、前線は前述のとおり3枚、
なので中盤に4人使える。
守備時に4人+後ろ3枚なら、十分主導権が獲れる。

つまり     
      fw

    ISH ISH

WB          WB    
    CMF CMF

  CB  CB  CB

3-4-2-1か。。。
注:ISH=インサイドハーフ、WB=ウィングバック、
CMF=セントラルミッドフィールダー

      大迫

    中島  南野

原口          室屋
    柴崎  遠藤

  ??  昌子  富安

3バックは視野の広さが4バックより必要。
ゆえに、吉田・槙野は使用できない。

んが、左の中盤に原口を置くことで、
左CBはある程度弱くても、、だいじょぶそうだ。

優秀なDFHがいれば、
4-3-2-1も可能なんだがなぁ……。。。

       大迫

     中島  堂安

   柴崎  ??  遠藤

 原口  昌子  富安  室屋

??には南野が使用できない。ってかもったいない。
最も泥臭い仕事になるからだ、、。

いずれにせよ、原口にはポリバレントな要求になりそうな気がする。
んまぁ、。彼の場合、容易に出来そうなところが怖いなw

覚書。20190324毬。

ああ、ボリビア戦は。。。。

      鎌田

 中島   香川   乾

    柴崎  小林

安西  昌子  畠中  室屋

      東口

かなぁ。。。これなら加齢臭も、あまりしない(笑)(笑)

それか、思い切って、、

    武蔵  鎌田

中島  香川  柴崎  堂安

安西  昌子  富安  室屋

     Sダニエル

4-4-2もまた見てみたいかも。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019 ベスト8組み合わせ [サッカー]



チャンピオンズリーグ ベスト8の組み合わせ発表^^

アヤックス vs ユヴェントス
リヴァプール vs ポルト
トッテナム vs マンチェスター・シティ
マンチェスター・ユナイテッド vs バルセロナ

欧州頂点はどのチームかな♪

プレミア勢は予想に反して4チーム全てが生き残っています♪
よって抽選では同国対戦が出るべくして出ちゃいました^^

各チーム見どころはありますが、好カードは、やはりプレミア対決。
国内リーグで首位リヴァプールを僅差で追撃中と好調の、
グアルディオラ率いるマンチェスターシティ。
トッテナムに対しては、
プレミアリーグでは今シーズン1-0で勝っているが、
この先はタイトな日程になっている。
4/9、17.。。CLホーム&アウェイ
4/20.。。国内リーグでトッテナムと試合(連戦ww)
4/24.。。マンチェスターダービー。ユナイテッドと対戦。
なんと11日間でトッテナムと3試合もする予定(笑)

トッテナムは国内リーグでは少し勝ち点を離されての3位。
んが、このチームはピンチに強く、粘り強い。
忘れてる人も多いけれど、ロシアワールドカップ得点王ハリーケインがいます。
(韓国代表のソンフンミンちゃんも11得点で好調♪)

猫毬推しのマンチェスターユナイテッドとバルセロナの対戦は、
派手な対戦に見えますが、、、
バルセロナの勝ちぬけでしょう。←贔屓チームには厳しい猫毬w
相性も悪いです。
んがしかし、マンUは新監督スールシャールになって、未だ1敗のみ。
ルカクの活躍があればバルサ撃破も夢じゃない。

リヴァプールは安泰に見えます。
サラーとマネは二人合わせて国内34得点のホットセット。
このセネガル&エジプト人のセットは脅威です。
監督のクロップも、きっちりチームを作り上げてます。

他では、前節、奇跡の大逆転で白い巨人レアルマドリーを破ったアヤックス。

Cロナウド擁するユヴェントス。

いつでも優勝候補♬バルセロナ。

どうなるかなぁ♪^^
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

UNL(UEFA Nations League)の影響。。 [サッカー]

2018秋から開始されたUNL。
UEFAネーションズリーグ

やはりuefa圏以外の各国に多大な影響を出しそうだ、、、

ざっくり、、ワールドカップとEURO(欧州選手権)の無い年に行い、
一部はその(予選)も兼ねている欧州代表の新コンペティション。

詳しく知りたい人はググるか、
footballistaのみっちーの所のコラムかなんかで読んでみてね^^w

これの実施が決まった瞬間に、日本代表は国際Aマッチで
欧州UEFA圏内のFIFAランキング12位以下とはワールドカップ本線以外で
対戦する事はほぼ100%無くなりました。(たぶん…)

また上位12位の代表チームとも、ほぼ対戦できません。
理由は、、欧州12上位代表が欧州以外の代表と
予選やUNL以外の貴重な国際Aマッチデイ(年間二日間ほど、、)
を消化するのに、
ブラジルやアルゼンチンを選ばないわけはないからですww
きっと上位12チームはブラジル、アルゼンチン、コロンビア、ウルグアイ、
チリ、メキシコ、アフリカ勢が数チーム。カメルーン、ナイジェリア、コートジボワール、
チュニジア、あたり、日本は対戦相手に選ばれたとしても、その後でしょう。

つまり、今後、キリンカップで見れるのは南米かアフリカか北中米がほとんど。
ごくまれにヨーロッパと対戦できるって事になっちゃたわけです。

これは、欧州各国が、国際親善試合で欧州国以外とやる練習試合は時間の無駄。
そう判断したって事です。

くやしいですねぇ^^;

ま、大会参加チームにとっては良いことづくめなので、
なるほど、、責められない;;

アジアはアジアで、何か別の枠組みを作らないと、
どんどん置いて行かれることになりそうですよねぇ><

きっと、そんな焦りから、コパアメリカへの参戦が決まったんだと思います。
そのコパも、、主力は出れないしねww

なので、アフリカはアフリカでANC(アフリカネーションズカップ)があるので、

結果的に大金つんで、日本に呼びつけても、来てくれるチームは北中米か、、
予選の無い時期の南米チームだけ、、。

FIFAが、どのように考えているかですが、このままでは、
サッカーの地域格差が拡がる一方でしょうなぁ…やれやれ、、



nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019決勝トーナメント1回戦2nd [サッカー]

レアルマドリーが負けた…

UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019決勝トーナメント1回戦2nd

アヤックスに対して1stでアウェイゴールを2点とり、
2-1でホームゲームを迎えたレアルマドリー、、
レギュリェーションでは0-1で試合に負けても、
決勝トーナメント1回戦を勝ち抜けていたはずの1戦。

なんとマドリーの聖地サンティェゴベルナベウでまさかの1-4の結果。

アヤックスがトータルスコア 5-3 で
決勝トーナメントの勝ちあがりを決めました。

アヤックス( *ノェ゚)b ★─お見事─★^^ww

コレがあるんですねぇ、。、サッカーには。。

まず。。レアルマドリーの試合の入り方に、緩みがあった。
そらーまぁそうだろう。相手に先に2点決められない限り、
トータルスコアでの勝ち抜けはほぼ決まっていた。
んが、しかし、、
その油断や緩みは、世界最高峰の戦いでは「即敗退」を意味します。

マドリーはチーム内でのガレス・ベイルとの確執からか、
ベイルをベンチスタート。
他の主力の数人を国内リーグに向けて温存、ベンチスタート。

ヌルいなぁ。。^^;

アヤックスにしてみれば自国のホームで
アウェイゴールを2本決められて負けています。
彼らには攻める以外の選択肢がない。

2点先制されて焦ったレアルは攻めにかかる、しかし、、、
そもそも攻めゴマの主力はベンチだ。急には難しいです><
結果的に戻りや相手への前線からの守備に遅れが出ます。。
何度でも言いますが、CLで緩む=敗退 ですw

逆にアヤックスは勢いに乗り3点目、、。

ここからも問題が多いマドリー。。。。
意気消沈してしまい、一気に全てのスピードが落ちる。
sevenさんのブログで少し語られていたとおりです。
ラテン系のサッカー、南米、スペイン、ポルトガルなどのチームは、
攻め始めると、強いし、早いが、一方で劣勢時に諦めるのも早い。。。

やる気スイッチ が ままならないんですね^^w

ドイツやオランダ、ベルギーやイングランドなど、、
大味のチームは、相手の戦意を奪い取ろうが、前の試合で圧勝していようが、
やることが変わらない。。完膚なきまで叩きのめします。
劣勢時にも諦めることはありません。

ドイツやイングランドの終盤のパワープレイは、
これまでに何度も奇跡を起こしてきました。
また、ベルギーには日本もやられましたからね><知ってのとおりです。

教訓「あぐらは勝って家に帰ってから」

あ、彼らは胡坐はかかないのかww

ちなみに数時間後のマンチェスターユナイテッドも
黄色信号が点滅している状態( ゚∀゚; )
相手はエムバぺ君のパリSG。。。

ま、、無理かろうなぁ;;でも、こんな事も起こり得るのですわー;;
だからスールシャール・ユナイテッド^^失うものはない。全開で攻めろー^^w

あ、ちなみに猫毬、DAZN無しw文字情報か後日の動画でチェックしかでけんw

なはは
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -